ペットによるフローリングの悩みを解決

愛犬・愛猫と快適に暮らすために
ペットは大切な家族の一員であると同時に、フローリングの汚れやキズなど気になるトラブルの原因にもなります。また、滑りやすいフローリングは、室内犬や猫の関節に負担をかけて深刻な障害が起こる場合もあります。
そんな悩みを解決するのがフロアコーティングです。

1.おしっこ(糞尿)などによるシミ
2.犬や猫などペットの爪によるキズ
3.ペットの関節にかかる負担

この3つの問題をクリアして、大切なペットとともに楽しく暮らしましょう

コーティングがおしっこ(糞尿)などによるシミを防ぐ

一般的な合板フローリング、とくに内部のMDF層は水分に対して非常に弱いため、シミだけでなく、水分による膨れ、内部で腐食するなどのトラブルを引き起こします。また、表面が特定の化学物質に弱いタイプのフローリングでは、おしっこのアンモニアなどで傷んでしまう場合もあります。
エコプロコートは、水分を浸透させず、家庭に存在するあらゆる薬品や化学物質に対して強い耐性を持っています。施工後は、尿など排泄物など水分が浸み込まないので、サッとひと拭きで元どおりにキレイ。掃除が楽で除菌剤や消臭剤も問題なくご使用いただけます。

厚くて丈夫な樹脂膜が、動物の爪によるひっかきキズから守る

一般的なフローリング(合板)の表木は、わずか0.3ミリの薄さ。鋭い爪を持つペットが移動すればキズだらけになったり、床材がえぐれたりすることもあります。さらにフローリングのキズは、その長さや範囲によって補修が困難なケースがあり、高額な費用を支払っても元どおりにキレイになる保証はありません。
エコプロコートなら、フロアコーティングの中でも最も厚く丈夫な樹脂膜が表面を保護。フローリング本体に致命的なキズが入ることを、しっかりと予防することができます。

歩行に最適なコーティング面が、関節への負担を和らげる

滑りやすいフローリングでペットが動き回ると、足が空回りして負荷がかかり余計な力が入ります。すこしずつ足腰にかかった負担が重なると体にも不調が現れ、関節症など重大な病気に発展します。逆に極端にすべりにくい床では、歩くたびに足を取られるため負担がかかります。
エコプロコートは自社のラボ(研究所)で分析を重ね、ペットにも人にも最適な「すべり具合」を追求。数多くの研究成果かから開発されたUVフロアコーティングなら、ペットの足腰にかかる負担を大幅に軽減します。

ペットと人が安全で快適に暮らせるUVフロアコーティング施工

ペットの幸せは、飼い主の愛情にかかっています。いつまでも一緒に、共に幸せに暮らすためには、快適で健康的な環境を用意してあげたいものです。

■各種の薬品、化学物質に対する強さ
■健康被害に不安のある物質を含まない

などを証明する、公的・第三者機関の試験データを持つエコプロコートのUVフロアコーティングなら、人にもペットにも安全・安心で、美観を保ちながらフローリングを保護します。