やり直しのきかないフロアコーティング施工

フローリングを保護して美しく保つフロアコーティングは、1回だけでやり直しがききません。「費用が安い」という理由だけで粗悪な施工会社を選んだ結果、すぐに効果が無くなる、最悪の場合には床そのものがダメになるケースも発生します。住宅の寿命を縮めないためにも、施工前のケーススタディーは欠かせません。

フロアコーティングで実際にあったトラブル

契約~施工中のトラブル
■ 「安い」と思って契約したらオプションの追加で最終的には、高い金額を支払わされた。■ アルバイトスタッフが施工に来て、床そのものや壁など室内にキズをつけられた。

■ 下地処理に失敗してフローリングの張替工事が必要になった。

施工後のトラブル
■ 施工直後からあちこちにムラが出ている(下処理の失敗)■ 塗膜がセロテープなどでも簡単に剥がれてしまう。

■ 施工時のマスキングテープ等の影響で、幅木の塗装が剥げた。

経年トラブル
■ コーティングがポロポロ剥がれてくる。■ コーティングにヒビが入る、落とせないシミが発生するなどして床が汚く見える。

■ 施工した会社が対応してくれない。

フロアコーティング選び 5つのチェックポイント

choice_img02
チェックポイントを参考に、検討中の施工会社を比べてみましょう。サンプルや資料の情報だけに頼らず、少しでも心配な点や疑問点があれば、会社に行く、会って話を聞くなど、納得がゆくまで説明を受けることが、思わぬトラブルや大きな失敗を回避する、何よりの秘訣です。

POINT 1コーティングの性能
あらゆるダメージからフローリングを保護して長期間美しく保つ性能熱/摩耗/薬品(洗剤)に対する強さをcheck!

グリップ力(滑りにくさ)をcheck!

コーティングの耐久年数をcheck!

塗膜の復元が可能かをcheck!

POINT 2安全と品質を証明するデータ
表記された「性能」「安全性」「品質」を保証する確かなデータ公的機関・ISO認証などの、品質管理規格をcheck!

シックハウス症候群の原因物質検出試験で基準値を下回ったという認定データをcheck!

「耐摩耗性基準」「安全性基準」「耐薬品性基準」「耐熱性基準」それぞれのデータをcheck!

POINT 3施工技術とスタッフの質
専門知識を持つ正規スタッフが施工にあたっているか?施工は「専門の職人」か、副業の外部スタッフやアルバイトを使っていないかcheck!

劣化や特殊フローリングなど、状況に応じた適切な作業ができるかcheck!

定期的にメンテナンスされた専用機材を使用しているかをcheck!

正規に研修を受けたスタッフが対応しているか、定期的な研修を行っているかをcheck!

POINT 4施工実績と信頼性
どのくらいの施工件数(実績)を持っているか、会社の信頼性多くの施工実績があり、お客様の声などで明らかにしているか(ウソはないか)check!

住宅に限らず、店舗や公共施設など基準が厳しく規模の異なる施工実績も保有しているかcheck!

あらゆる種類・状態のフローリングデータを蓄積・共有し、施工に生かされているかcheck!

POINT 5問題解決力
犬やペットがいる、介護、引っ越しの日程など、臨機応変な対応とサポートcペットがいる場合、床の傷の保護、関節病の予防(滑り防止)に効果があるかheck!

小さな子供がいる場合、「食器レベルの安全性」があるかcheck!

急遽の引越やタイトなスケジュールなどに対応できる「即日入居施工」が可能かcheck!

心配事や相談に、親身になって対応してくれるかcheck!